カテゴリー
スマホ連動式血圧計

血圧計のスマホ連動式でおすすめはどれ?

スマホ連動の血圧計とは?

自分の健康状態を知ることは、非常に大切なことです。何をもって健康かを判断するのかは人によって異なりますが、血圧をその判断基準にしている人は多いと思います。

病院で測ってもらうことが一番確実ですが、そう頻繁に病院に通うわけにもいきません。そのため、家庭用のコンパクトな血圧計を愛用している人がほとんどだと思います。

一般的には腕や二の腕に血圧計を固定して血圧を測ります。本体に履歴も残るので、健康状態の推移を確認できるものがほとんどです。このように一般家庭にも浸透している血圧計ですが、最近ではスマホに連動した血圧計があります。

どのようなことができるのかというと、自分の血圧をより分かりやすく管理できるようになるのです。Bluetoothを使ってスマホと接続し、一目で血圧の数値が確認できます。

確認するだけだと今までの血圧計で十分だと思われるかもしれませんが、数字と共にグラフでも確認できます。視覚からの情報が増えることによって、より管理しやすくなります。

これまでの血圧の推移も同じ画面で見ることができるので、習慣づけもしやすくなります。スマホ連動によるメリットは多いのです。

血圧計でスマホ連動タイプのおすすめはどれ?

スマホとの接続を前提に使うのであれば、コンパクトなものがおすすめです。

大き目な血圧計が問題というわけではないのですが、大きいものはそれ単体で十分な情報量があります。

わざわざスマホと連動しなくても十分な情報が得られるのです。小型のものは、液晶画面が小さいこともあって単体での情報が不十分です。そこをスマホで補うことで、十分な情報量と小ささゆえの利便性が両立できます。

さらに、電池とアダプター両対応のものが良いでしょう。Bluetoothで接続するので、普通の血圧計よりも電気を使います。旅先などにも持っていくことを考えると、電源の選択肢は多いほうが助かります。

タニタ製のスマホ連動血圧計の特徴

タニタ製の血圧計の特徴は、主に3つあります。まずは、業界初のクリップアームカフにより、装着が非常に簡単です。

挟んで巻くだけの構造になっているので、誰でも迷うことなく使用できます。次に、ボタンを押すだけで血圧を測ることができます。

面倒な設定なしに、ワンプッシュで血圧を測れるということは、毎日使う上で助かります。最後に、測定結果が自動で記録されます。機種によって記録できる回数は異なりますが、最低でも60回、最大200回保存できます。

このような特徴がありますが、追加して低室温お知らせ機能が付いています。室内の温度が低いと正確な測定が難しいことから、室温9度以下になると自動で測定が止まります。

さらに、直近2回の平均値も見れるので、変動しやすい血圧をしっかりと管理できます。このように、タニタ製の血圧計は基本的な機能はもちろん、使い勝手や健康状態のチェックに寄り添った機能が備わっています。

老若男女、誰もが分かりやすく使用できることが特徴と言えます。

オムロン製のスマホ連動血圧計の特徴

オムロン製の血圧計の最大の特徴は、一人ひとりに合わせた血圧測定を行う独自の技術である「インテリセンス」を導入していることです。腕の太さや呼吸の早さ、大きさなど、一人ひとりの特徴に合わせた最適な血圧測定が可能になっています。

さらに、スマホ連動に特化した血圧計があります。腕時計のように手首に巻き、血圧だけではなく、歩数や心拍数、消費カロリーも管理できます。

専用アプリをスマホにダウンロードすることによって、利便性がさらに増します。このように、個人に合わせた血圧計の種類をラインナップしており、多くの選択肢があります。

誰でも使用できるということではなく、何かに特化した製品が多い印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です